令和3年度からの新しい支援制度を紹介します

設楽町では、総合戦略に掲げた年間10世帯の子育て世帯の移住者を獲得するため、また、町に定住される若い方を増やすための総合的な支援を行い、持続可能な町を目指します。

改正した関連制度は以下のとおりです。

子育て支援

子育て支援金

満3歳到達時まで「おむつ代支給事業」として2,500円/月を支給していましたが、名称を「子育て支援金」に変更し、引き続き子育て家庭の支援を行います。

詳しくはこちら

妊産婦医療費助成制度

妊娠届出をした月の初日から出産日の翌月末日までに支払った医療費の保険適用分を助成します。

詳細は後日お知らせします

入学祝金支給事業

小学校入学時、中学校入学時、高校入学時に設楽町商工会商品券で3万円分を支給します。田口高校入学者に対しては、さらに3万円分を加算して支給します。

令和4年度入学者から対象となりますので、令和4年1月頃をめどに対象者にご案内いたします。

結婚祝金支給

設楽町で婚姻後6ヶ月以内に新婚生活を始める方に対し、1万円分の設楽町商品券を支給します。

詳しくはこちら

奨学金償還支援補助金

設楽町に暮らし、働きながら奨学金を償還している方を対象に、年間償還額の2分の1で、上限144,000円/年を最長60ヶ月まで補助します。

田口高校卒業生の方が、この制度を利用されるときは、年間償還額の3分の2で、上限192,000円/年を最長で60ヶ月まで補助します。

詳しくはこちら

田口高校への支援

田口高校通学費補助金

町内に暮らし、田口高校へバス通学する生徒に対し、バス通学定期代の全額を支給します。

詳しくはこちら

田口高校オンライン英語学習支援事業

田口高校生が、田口高校の指定するオンライン英会話レッスンを受講するときの受講料を町が負担します。

田口高校生海外修学旅行費補助金

田口高校生が、海外へ修学旅行へ行く際に、国内修学旅行費用との差額旅費分を、45,000円/人まで町が補助します。

詳細は後日お知らせします

入学祝金支給(再掲)

町民が田口高校へ新入学する際には、さらに3万円分を加算して合計6万円分の設楽町商工会商品券を支給します。

詳細は後日お知らせします

奨学金償還支援補助金(再掲)

田口高校卒業生が、設楽町に暮らし、働きながら奨学金を償還するときは、年間返還額の3分の2で、上限192,000円/年額を、最長で60ヶ月まで補助します。

詳細は後日お知らせします

まちづくりへの支援

したらの愛創造プラン提案事業補助金

地元に対する愛着心を醸成する目的で令和2年度まで「若者したらの愛創造プラン提案事業補助金」として施行していた制度の年齢制限を撤廃し、交付金の上限額を20万円まで引き上げました。

詳細は後日お知らせします

住むところへの支援

設楽町若者定住促進住宅補助金

対象者を、「中学生以下の子を持つ方、夫婦年齢の合計が80歳未満の方」に加え、「40歳未満の方」にまで拡充し、補助金額の上限は200万円としました。

詳しくはこちら

空家・空店舗改修事業補助金及び空家・空店舗家財道具等処分補助金

対象者を、「中学生以下の子を持つ方、夫婦年齢の合計が80歳未満の方」に加え、「40歳未満の方」にまで拡充しました。

空家・空店舗改修事業補助金に関する詳しいことはこちら

空家・空店舗家財道具等処分補助金に関する詳しいことはこちら

公共下水道・農業集落排水処理施設接続促進事業補助金

新規に公共下水道・農業集落排水処理施設へ接続する場合、工事に要する費用を補助します。

  1. 公共ますから集合ますまでの工事に対する費用の全額。ただし、供用開始から3年以内に限る。
  2. 宅内から集合ますまでの工事費に対する補助(上限10万円)。
  3. 浄化槽等撤去または有用物への改修に対する補助(上限9万円)。

詳しくは、設楽町役場生活課(電話0536-62-0522)へお問い合わせください。

浄化槽設置整備事業補助金

概ね30年が経過した合併処理浄化槽に老朽化等で不具合が生じ、既設の合併処理浄化槽を更新される方に補助をします。

補助額は、処理人槽によって異なります。

詳しくは、設楽町役場生活課(電話0536-62-0522)へお問い合わせください。

新規制度施行に伴い、廃止となった制度

しあわせまちづくり報奨金(出産奨励金・婚姻奨励金・新規就業就職奨励金)、修学資金貸付事業