世界ラリー選手権(WRC)日本ラウンド「Rally Japan」の開催について

FIA世界ラリー選手権日本ラウンド「Rally Japan」の開催準備を進めているラリージャパン運営事務局より、2020年WRC日本ラウンド開催決定の報告がありました。

日本で本大会が開催されるのは2010年以来で、設楽町を含む愛知県・岐阜県を中心としたエリアが、世界最高峰のモータースポーツの舞台となります。 

WRC日本ラウンド「Rally Japan」概要

1973年に誕生した、F1と並ぶ世界的な人気を誇る、モータースポーツの世界選手権大会の日本ラウンドです。

サーキット場ではなく、封鎖された公道を主に使用するのが特徴で、SS(スペシャルステージ・競技区間)では、ドライバーと、そして助手席には区間の特徴を正確に把握したコ・ドライバーが同乗し、運転技術を駆使してタイムを競い合い、コンマ1秒の熱戦を繰り広げます。

ラリーカーは誰もが購入できる乗用車をベースにしており、厳格なレギュレーションの下、様々な路面、気象条件を高速で駆け抜ける改造を施されています。中でも最高トップクラスのワールドラリーカー(WRカー)は、380馬力を誇り、ドライバーたちの安全性においても極限まで性能が突き詰められたものとなっています。

 

(上、2019年11月10日、セントラルラリー愛知・岐阜にて。地元小学生たちの声援を受けて設楽町の公道を走る競技車。)

大会名称

Rally Japan

開催期間

令和2年11月19日木曜日から11月22日日曜日

開催エリア

愛知県(名古屋市、岡崎市、豊田市、新城市、長久手市、設楽町)

岐阜県(恵那市、中津川市)

メイン会場

愛・地球博公園(通称モリコロパーク 長久手市)

参照URL

大会の詳細は下記Rally Japan公式ホームページをご参照ください。
→URL:Rally Japan公式ホームページ

情報は随時更新しますので、続報をお待ちください!