「設楽町総合戦略」の基本目標のひとつ『設楽町に訪れた方の満足を実現』するため、平成28~29年度にかけて「観光まちづくり基本計画」を、平成29年度に「観光まちづくり基本計画アクションプラン」を策定しました。

 観光まちづくり基本計画

策定目的

  これまで総合計画等で示された観光施策の方向性を基に、当町の観光振興の理念(コンセプト、基本方針等)を示しました。

計画で示したコンセプト、基本方針等 

めざす姿
  1. 観光を手段として使うことによって、設楽町の魅力を守り、楽しく豊かな生活を育んでいく「観光まちづくり」の考え方を中心に据える。
  2. 観光がもたらす多様な姿を活用することで、経済(産業)、地域コミュニティ(人々とのつながり)、環境(自然と生活)のバランスが取れた「持続可能なコミュニティづくり」を行う。
  3. 山里で育まれてきた設楽町独自のライフスタイルを大切にした「志高い観光」、「質の高い観光」を実践していく。
基本方針
  1. 多様な体験・交流機会を創出する。
  2. 民間主導の観光振興を行う。
  3. 経済効果をきちんと発生させる観光を実践する。
  4. ブランド力(知名度+信頼度)がある不可価値の高い観光をめざす。

観光まちづくり基本計画アクションプラン

策定目的

  ・基本計画で示された理念を基に、具体的な実行計画を示しました。

アクションプランの概要

 アクションの実践-観光まちづくりに繋がる3つのアクションを興す-
1.アクションⅠ『住民が興す』

   プラン①「シタラブランド誕生大作戦」

   プラン②「設楽町の魅力、暮らしを伝えたい!」

   プラン③「きもちの良い森づくり」

   プラン④「Let’s 民泊」

   プラン⑤「設楽で遊ぶ人 この指と~まれ☆」

   プラン⑥「クリエイティブキャンプ」

   プラン⑦「田口線50年を記念するプロジェクト」

2.アクションⅡ『地域が興す』

  「地域観光~地域まるごとで誘(いざな)う~」

  • 地域の祭礼やイベント、自然スポット、さらに趣味や風習を活かした体験プログラムなど、各地域各施設オリジナルの「見て、食べて、楽しむ」観光を繋ぐ、創る。
    【主なアクション】
    • 愛知県大型観光キャンペーンへの参加(~平成31年度)
    • 地域別観光アクションプランの策定
    • 季節毎のイベント等を案内するポスターやチラシの製作
    • 町観光協会ホームページのリニューアル など
3.アクションⅢ『まちが興す』  

   「きららの森づくり~ひとと自然で誘(いざな)う」

  • “きららの森ビジターセンター(仮称)”を中心に設楽町の自然の魅力を伝えるガイドを育て、活かし、自然とひとの魅力が一体化した新しい観光を実現する。

     「道の駅清嶺(仮称)&歴史民俗資料館(仮称)~ひととくらしで誘(いざな)う~」

  • ひと、モノ、くらしの魅力を発信する場、観光アクションプランやビジネスを試みる場として、二つの異なる施設が融合す  ることによる新しい観光を創出する。

     「設楽ダム~インパクトで誘(いざな)う~」

  • インパクトを与える建造物(ロケーション)として、ダム湖面を中心に積極的に利活用し、民間事業者と連携した新しい観光に挑戦する。
 観光まちづくりを実現するプラットフォームの構築-観光まちづくりを支える組織をつくる-

     「新しい組織がめざす役割」

  設楽町の観光のマネジメント、マーケティング、ブランディング

  • 体験プログラム等着地型観光商品や特産品のプランニング
  • 町内外への情報発信(プロモーション)
  • 奥三河ふるさとガイドなど観光を担う人材の発掘育成
  • 民間事業者と連携した設楽ダム観光事業の企画運営
  • 新しい観光事業の発掘(アクションプランの支援)
  • 地域への経済効果 等

今後の展開

  • 平成30年度 観光協会の統合  観光まちづくり組織の検討
  • 平成31年度 観光まちづくり組織の発足

     *住民アクションプラン及び地域アクションプランは平成30年度以降随時展開します。

  1. 設楽町観光まちづくり基本計画.pdf [23878KB pdfファイル] 
  2. 設楽町観光まちづくり基本計画アクションプラン.pdf [9368KB pdfファイル] 
  3. 設楽町観光まちづくり基本計画・同アクションプラン概要版.pdf [823KB pdfファイル]