要介護認定者の医療費控除

 65歳以上の高齢者で、12月31日において介護認定期間が継続し、一定の基準を満たす方は、身体障害者に準ずる者として認定を受けることで、所得税、町県民税の控除を受けることができます。
 認定は、町が保有する介護保険の要介護認定情報(主治医意見書)に基づいて行います。

  1. 申請のできる方
    身体障害者手帳などをお持ちでない方で、認知機能の低下及び寝たきり状態などで介護を必要とする方(要介護認定者で次のいずれか該当する方)。
    1. 障害者
      1. 主治医意見書の障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)がA1,A2に該当する方
      2. 主治医意見書の認知症高齢者の日常生活自立度がⅡa、Ⅱbに該当する方
    2. 特別障害者
      1. 主治医意見書の障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)がB1以上に該当する方
      2. 主治医意見書の認知症高齢者の日常生活自立度がⅢa以上に該当する方
  2. 申請の方法
    次の申請書を記入して、設楽町役場町民課へ提出してください。
    障害者控除対象者認定書.pdf [32KB pdfファイル] 
    障害者控除対象者認定書(記入例).pdf [37KB pdfファイル] 


おむつに係る医療費控除

 寝たきりで医師がおむつの使用を必要と認めた方で、一定の基準を満たす方は、購入したおむつ代(町の支給分を除く)を確定申告により医療費控除を受けることができます。
 認定は医師によるほか、町が保有する介護保険の要介護認定情報(主治医意見書)にも基づいて行います。

  1. 申請のできる方
    傷病によりおおむね6か月以上にわたって寝たきり状態にあること及び、治療を継続して行う必要があって、おむつの使用が必要と認められる方
  2. 申請の方法
    1. 初めての方
      医師に「おむつ使用証明書」の作成を依頼してください。
      おむつ使用証明書.pdf [53KB pdfファイル] 
    2. 2年目以降の方
      役場町民課に「医療費控除証明書」の作成を申請する。
      認定基準:主治医意見書の障害高齢者の日常生活自立度が日常生活自立度がB1以上でかつ、「尿失禁の発生の可能性」の記載が「あり」の場合に証明します。
      医療費控除証明書.pdf [40KB pdfファイル]