平成30年6月18日に発生した大阪北部を震源とする地震では、ブロック塀などの倒壊によって尊い命が失われました。
ブロック塀などが倒壊しないための最低限の基準が建築基準法で定められています。
ブロック塀は私有財産ですので、所有者の責任における維持管理が必要です。ブロック塀の所有者が管理責任を果たさず、他人に損害を与えた時は、自然災害による事故であっても責任が生じる場合 があります。
既設のブロック塀は、基準に従い設置されていない場合や劣化の具合によって倒壊のおそれがあり ますので、所有者の方は安全点検の実施をお願いします。

詳しくは、下記添付ファイルをご参照ください。

ブロック塀点検チェックポイント.pdf [189KB pdfファイル]