浄化槽の維持管理

維持管理について

浄化槽の設置者(管理者)は、浄化槽法により定期的な維持管理(保守点検、清掃)と法定検査が義務付けられています。

法定検査 

年1回(浄化槽が正常に機能するかを判断する検査

保守点検 

年3回以上(機器の点検、調整、修理、消毒液の補充など)

清掃 

年1回以上(汚泥の引き抜きや洗浄など)