ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム設楽町

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

離婚届

離婚届(離婚するとき)

届出期間

協議離婚の場合

期間なし

届出日から有効となります。

裁判離婚の場合

裁判上の離婚の場合は、調停(和解)成立の日・請求の認諾日・審判又は判決が確定した日を含めて10日以内となります

届出人

協議離婚の場合

離婚をしようとする夫婦

裁判離婚の場合

届出義務のある人は、裁判の申立人です。ただし、申立人が10日以内に届出なかった場合は、相手方も届出することができます。

 届出の場所

夫又は妻の所在地、本籍地のいずれかの市区町村役場

届出に必要なもの

  • 離婚届書

※離婚する夫妻の間に未成年の子供がいるときは、夫妻のどちらか一方を親権者と定めてください。 離婚後も夫妻の共同親権とするお届けは受理できません。裁判離婚の場合は、親権者は裁判等において決まります。

  • 届出人の印鑑
  • 免許証、住基カード、パスポートなどの本人確認書類(本人確認書類がない場合は、届出があった旨の通知をします。)
  • 届出人の戸籍謄本(本籍地以外で届出する場合、又は新しい戸籍を他市町村におく場合)
  • 相手の方が外国人の場合は、外国人登録証

 

また、裁判離婚の場合は、

  • 和解離婚・・・和解調書の謄本
  • 調停離婚・・・調停調書の謄本
  • 認諾離婚・・・認諾調書の謄本
  • 審判離婚・・・審判書の謄本と確定証明書
  • 判決離婚・・・判決書の謄本と確定証明書

の該当するものが必要となります。

 

離婚後の氏について

婚姻によって氏の変わった方は、離婚により婚姻前の氏に戻ります。婚姻中の氏をそのまま称したい場合は、 離婚の際に称していた氏を称する届出により、婚姻中の氏を引き続き使うことができます。(戸籍法77条の2の届出)

届出期間:離婚の日の翌日から3ヶ月以内(離婚届と同時に届出をすることもできます)

届出地:本籍地もしくは住所地のいずれかの市区町村役場

届出人:離婚によって氏が変わった方

届け出に必要なもの:本籍地以外で届出する場合、又は新しく戸籍を他市町村におく場合は戸籍謄本が必要です

     印刷 - 離婚届  戻る  ページの先頭
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる