安全安心な暮らしのために…

設楽町では、民間木造住宅の無料耐震診断および耐震改修費の補助を行っています。

 

無料耐震診断について

 昭和56年以前(旧建築基準法)に建てられた民間木造住宅へ専門家を派遣し、無料耐震診断を行います。

申込方法

 わが家の耐震診断票(無料耐震診断事業申込書兼自己診断報告書)により申し込みをお願いします。 → わが家の耐震診断票  
 

民間木造住宅耐震改修費補助制度について
《設楽町民間木造住宅耐震改修費補助金交付要綱抜粋》

補助の対象

 補助の対象は、次のいずれかの診断結果による耐震改修工事とします。
 (1) 町が実施する無料耐震診断において総合判定が1.0未満と診断された旧基準
     木造住宅について、判定値を1.0以上とする耐震改修工事
 (2) (財)日本建築防災協会発行の「木造住宅の耐震診断と補強方法」による総合
     評価において得点が80点未満と診断された旧基準木造住宅について、総合判定
     を1.0以上とする耐震改修工事

補助の金額

 1棟あたりの補助金の額   上限100万円

補助金の申請

 耐震改修費補助金の交付を受けるには、工事着手前に民間木造住宅耐震改修費
補助金交付申請が必要です。
 民間木造住宅耐震改修費補助金交付申請書に添付する書類は次のとおりです。
 (1) 町税を滞納していないことがわかる書類
 (2) 木造住宅耐震診断結果報告書の写し
 (3) 耐震補強工事計画書
  ア  平面図
  イ  補強計画図、その他補強方法を示す図書
  ウ  耐震補強後の建物についての耐震診断の総合評価
 (4) 耐震補強工事費等見積書
 (5) その他町長が必要と認める書類
 

詳しくは、設楽町民間木造耐震改修費補助金交付要綱をご覧ください。
設楽町民間木造住宅耐震改修費補助金交付要綱  

また、耐震改修費補助金に関する全体の流れはこちらをご覧ください。
耐震改修費補助金フロー  

 

耐震シェルター設置費補助について

補助の対象

補助の対象となる住宅は、次のいずれかの住宅とします。
 (1) 町が実施する無料耐震診断において総合判定が1.0未満と診断された旧基準
     木造住宅
 (2) (財)日本建築防災協会発行の「木造住宅の耐震診断と補強方法」による総合
     評価において得点が80点未満と診断された旧基準木造住宅

補助の金額

 1棟あたりの補助金の額   上限30万円

補助金の申請

  耐震シェルター整備費補助金の交付を受けるには、工事着手前に民間木造住宅耐震シェルター整備費補助金交付申請が必要です。
 民間木造住宅耐震改修費補助金交付申請書に添付する書類は次のとおりです。
 (1) 木造住宅耐震診断結果報告書の写し
 (2) 補助対象経費が確認できる書類の写し
 (3) 住宅の所有者で、設楽町に住所を有し、町税等を滞納していないことが確認できる書類
 (4) 障害者が居住する場合、身体障害者手帳等、障害者であることが確認できる書類
 (5) 申請者と住宅所有者が異なる場合、耐震シェルターを整備することについて住宅所有者が承諾していることを確認できる書類
 (6) 位置図
 (7) 平面図(整備予定場所を明記したもの)
 (8) 整備予定場所の写真
 (9) その他町長が必要と認める書類

 

詳しくは、設楽町民間木造住宅耐震シェルター整備費補助金交付要綱をご覧ください。
設楽町民間木造住宅耐震シェルター整備費補助金交付要綱  

 

外部リンク

耐震改修をお考えの方、一度ご覧ください。

設計・施工業者、改修工事の事例を紹介しています。

 あいち耐震改修ポータルサイト