御案内

本館は旧津具村が明治百周年記念事業として、昭和42年度に建築した公認の収蔵庫で、収蔵の民俗資料は、去る昭和41年12月旧津具村能知100番地の郷土史家故夏目一平氏から寄贈を受けた津具郷土館の収蔵品が主である。この資料の採集歴史は古く、郷土館の母体である津具郷土資料保存会が旧津具村の有志によって発足した大正11年秋以降のことで、その大部分は、旧津具村を中心として、北設楽郡内のものを加えた程度であるが、江戸時代から明治、大正、昭和と各時代に亘る多種多様な民具類で、そのなかには特に重要民俗資料として、昭和39年に国の指定を受けた「津具の山樵用具及び加工品」130点も含まれている。

施設の概要

住所

設楽町津具字見出原33番地22

電話

0536-62-1105(設楽町教育委員会)

建築年月日

昭和43年3月31日

建築面積   

117㎡

開館時間

午前9時~午後4時

休館日

土、日、祝日、12月29日~1月3日

入館料

小中学生 

1名 110円

大人

1名 320円

団体
20~50名 各1名につき1割引
51名以上 各1名につき2割引

 

※職員は常駐しておりませんので、見学を希望される方は事前に津具総合支所へ予約をしてください。

 ご予約がない場合、お越しいただいてもご案内できないことがありますので、ご了承ください。

 連絡先 津具総合支所管理課 0536-83-2301