設楽町田口地区の公共下水道事業については、社会資本整備総合交付金(国庫補助)を受けて事業実施するように進めています。        
社会資本整備総合交付金要綱の第8第1項の規定では、社会資本整備総合交付金を充てて交付対象事業を実施しようとする地方公共団体等は、社会資本総合整備計画を作成し、当該計画を国土交通大臣に提出しなければなりません。        
また、同要綱の第10第1項の規定では、地方公共団体等が社会資本総合整備計画を作成したときは、これを公表しなければなりません。 
つきましては、上記の同要綱に基づき、別添のとおり設楽町特定環境保全公共下水道事業に伴う「社会資本総合整備計画」を公表します。