6月のご挨拶 

6月に入り、梅雨入りの宣言が出され、例年と比較して少し早い梅雨入りとなったようです。また、この季節になると各地で大雨が降る気候にもなり、近年の気象状況も集中的に雨が降る傾向にあることで、これによる災害が発生しないことを願うところです。

6月12日から町内4地区において町長と町民の皆さんとの地域懇談会を開催させていただくこととなりました。夜の時間帯ということで皆さん方にはお疲れのことと思いますが是非ご参加をいただき、日頃からの想いや地域の課題などについてお話をお聞きかさせ願えばと思い、これを町政に繋げていきたいと考えていますので、是非多くの皆さん方にご参加いただきたいと思います。

私はこれからの設楽町が元気で、そして地域の皆さん方が幸せ感を持って暮らし続けていけるまちづくりを進めていきたいと考えています。そのために、今まで以上ににぎわいの場づくりを進め、多くの方たちにこの町へ来ていただけるような機会を創ることが重要と捉え、これに繋がる事業展開をしようと思っています。

昨年10月には、町民の皆さん方と行政が協働し、「設楽町観光基本計画」を策定しました。この計画は、従来の観光に加えて、新たに身近なところにあるイベントや、私たちが普段、何気なく行っている年中行事などを観光資源として情報発信し、地域をあげて町を盛り上げていこうという、新しい取組を行う計画です。

毎年、奥三河の山岳を走破するトレイルランニング大会の「奥三河パワートレイル」を開催していますが、この大会には全国から多くの選手が参加しています。この選手たちを激励し、応援するために、町民の皆さんが「おもてなし活動」を行っていただいているため、この大会は大いに盛り上がっています。また、現在、計画中のWRC(世界ラリー選手権)は設楽町がコースとなり、国内外から多くの方たちが訪れることが予想され、この大会にも町民のパワーを集結して大会を盛り上げることで、町のにぎわいができ、多方面に亘る良い形態ができることに期待しています。

こうしたイベントを開催したり、特産品などを提供したりすることで、新たな地域おこしを進め、町の繁栄につなげるために町民の皆さんとともにこれからのまちづくりに励み、設楽町へ足を運んでいただける環境づくりに努めて参りたいと思っています。
是非、多くの皆さん方のご協力をよろしくお願いいたします。

 

設楽町長  横山 光明